ずぼらアメタゼリー Weck クックゼラチン

R0012205

幼いころの記憶は、すべて食べることから思い出す、そう私はくいしんぼ!
世界中にはまだまた私の知らない美味しいものがたくさんあるのでしょう!
おいしいもの食べたら教えて下さいね。そんな私のくいしんぼ日記です。
現在位置は日本 九州 鹿児島 鹿屋です。

最近ダイエットをしています。えっ?いつもやってない??まぁ女子なので
そんな感じですが、いつまでもかわいくいたいですよねぇ。。みなさま?まぁそういうダイエットなんですが(笑)、それが生まれて初めてうまくいってる感があるのです、ダイエットというと我慢とうかんじでしたが、今回は違います。なんだか楽しいのです。色々と工夫もして楽しくなってきました。今回のダイエットなんですが、生クリーム、チーズOKなんです。(なんじゃそれは!!)

でもこのダイエットはお砂糖は羅漢果のお砂糖でなければなりません。このお砂糖は血糖値をあげない砂糖なんだそうです。この血糖値をあげないというのがミソで食後に眠くなっていたのがうそのように眠くありません。このお砂糖でできているデザートならこのダイエットはOKなんです。主食がすくないので ゼリーを毎日つくっています。「ずぼらアメタゼリーです」

もう、ものすごく気軽につくっています。それは クックゼラチンという80度のお湯にふり入れたら火にかけなくてもよいという優れもののゼラチンのおかげです。これがほんとうに便利で上手にできる、いまでふやかしてダマになったりしてて、正直ゼリーは苦手でしたがうそのように上手にできます。道具も洗い物もすくないというゼラチンで5g包装です。なので計量しなくていい。

スクリーンショット 2015-12-11 12.00.40

気軽なので一日何回もつれます。簡単であることと量がほどほどということと残り物でなんでも!というのが今回のずぼらアメタゼリーのポイントです。でも味は上品です!

ほどほど量は300mlぐらいです。
おきにりのweckのチュ―リップの500mlの容器につくります。
スクリーンショット 2015-12-11 11.59.48
これもテンションあがる

材料は以下
①羅漢果のお砂糖大さじ1(かなり上品な甘さです。しっかり甘いのがいい人は大さじ2で)
②クックゼラチン 1袋(5g)
③お湯(80度以上)50ml以上
④残り物の珈琲やお茶やワインや生クリームなどです。お湯との総量でweck容器の中で250ml〜300mlになる量

作り方
★その1 珈琲ゼリータイプ
例えば 毎朝 珈琲が私はのこります。
冷めた珈琲 2煎目の珈琲など捨てるにはおしいおいしいものですよね。
うちはオーガニックの豆を連れがおいしく手焙煎するので本当においしくて
本当に捨てたくないです。これは珈琲ゼリーになります。

R0012208R0012209R0012210
①まずweckのチュ―リップの500mlの容器に①②を入れます

R0012211R0012212R0012215
②ここに③のお湯を注ぎます。スプーンでよく混ぜる

R0012216R0012219R0012221
③ ④残りものの冷めた珈琲(250mlに足りない時はお湯を足します薄くても結構いけます。気軽にです!)を足してさまして冷やす(weckの文字のところが調度300ml位)
④がレモンジンジャーティならレモンジンジャーティゼリー
④がウーロン茶ならウーロン茶ゼリーなどになります。

★その2 白ワインのブラマンジュタイプ
白ワインもすこしのこりますね。
①まずweckのチュ―リップの500mlの容器に①②を入れます
② ①に白ワインを(③お湯のかわり50ml白ワインが少ないときはお水たしても)を
なべで沸騰させてアルコールとばしたものを注ぐ、よくまぜる
③生クリームとお湯300mになるようにたす、よくまぜて冷やす
これは総量を300mlよりもすこし多くするとフルフルのデザートになります。
あればレモンを食べる前にしぼって 辺塚ダイダイもいいですね。

デザートがダイエットの楽しみになってます!

ダイエットでにない方はお砂糖はお好みのものにかえて下さいね。

スポンサーリンク
レクタングル大広告
レクタングル大広告
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク
レクタングル大広告